青汁、こんな使い方もあったの!

青汁は、飲むだけでなくいろいろな用途で利用することができます。特に青汁を料理に使うと意外とおいしくいただくことができるようで、ヨーグルトやケーキなどに混ぜて使うととても相性が良いようです。また、和菓子などに使うと、抹茶のような味わいが楽しめるようです。また、青汁自体はとても栄養価が高いので、野菜嫌いのお子様などのおやつに混ぜて使うことで野菜を摂取できるでしょう。また、スープなどに青汁を混ぜて使ってもおいしくいただけます。栄養豊富な青汁ですから、料理に使うことで、料理の栄養価が高まるとともに不足がちの野菜の摂取に効果的といえます。
また青汁は飲食以外にもいろいろいな使い方がありますが、特に変わった使い方として、青汁をパックとしてスキンケアに使う方法があります。これは、ベビーオイルやオリーブオイルに青汁を溶かして、顔にパックするという使い方です。このベビーオイルやオリーブオイルの代わりにヨーグルトに青汁を溶かしたものでパックするという使い方もあるようです。これらの、青汁パックについては、青汁に含まれる、ビタミン類やミネラル類などの成分の効果によって肌のくすみなどがとれるなどの効果が期待できるようです。

注目の記事

青汁のウソ!?

記事を読む

本物の青汁とは

記事を読む

これが青汁のホントのパワー!!

記事を読む