青汁のホントのはなしについて

青汁パワーの秘密を詳しく紹介します。

いまさら青汁?

ケールなどの緑葉野菜をジュース状にした「青汁」は、今ではすっかりおなじみの健康食品ですが、元々は九州地方で古くから飲用されていた健康食品です。この青汁は、あるCMをきっかけに全国的に知られるようになったのは多くの方がご存じのことかと思います。
青汁は、1990年代頃から、健康ブームの影響もあって急速に普及し、様々な種類の青汁が販売されるようになり、今では一般化してきており、あまり注目されない存在となってきましたが、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどが豊富で健康にいいことは間違いなく、何より、野菜が原料ですので手軽で安心な健康食品と言えるでしょう。
この青汁はいまだに根強い人気で、市場規模は微増の傾向にあり、その市場規模は700億円にも上ると言われています。
「まずい」ことで一世を風靡した青汁ですが、現在では様々なものが開発されており、はちみつなどを添加して飲みやすくなっているものが多いようです。さらに、その原料についても、元々はケールなどが中心でしたが、今では、大麦の若葉、明日葉、桑の葉、緑茶、ヨモギなどを使った青汁なども出回っています。また提供形態も粉末タイプのものから、液体のもの、錠剤タイプのものまでバリエーションが豊富で、お好みのものを選ぶことができます。

次の記事を読む

関連情報

青汁ランキング《効果と比較》・・・青汁商品をランキング形式で紹介しています。

おすすめHP

注目の記事

青汁のウソ!?

記事を読む

本物の青汁とは

記事を読む

これが青汁のホントのパワー!!

記事を読む